2022/08/15

レヴァークーゼン、アドリとルネフが共に負傷。しばらく離脱へ

©︎picture alliance (2)

 週末に行われたFCアウグスブルク戦は、1−2という結果でも十分の辛いものがあったが、さらにこの試合で2選手が負傷を抱えたことが明らかとなった。大腿の問題から実に4ヶ月以上ぶりの復帰を果たしたばかりのアミン・アドリが、ロスタイム間近に相手選手との対人戦で肩から転倒、それにより左肩の鎖骨を骨折しており、手術は回避されたがそれでも9月の代表戦期間まで離脱することになるという。

 特にレヴァークーゼンにとっては左ウィングの強化の必要性をさらに後押しするものとも言えるだろう。今回のアドリの状況に加えて、パウリーニョは母国ブラジルへの移籍が取り沙汰されこの日はメンバー外に。またベテランウィンガーのカリム・ベララビも、背中の問題によりメンバー外となっているところだ。なおこの試合では出場停止となっていた、ルーカス・フラデツキーの代役でアンドレイ・ルネフが出場するも、大腿の腱を負傷し6週間の離脱が見込まれている。
 

バイヤー 04 レヴァークーゼン バイヤー 04 レヴァークーゼンの最新ニュース