2022/09/26

代表でシックとアズムン負傷も大事に至らず。ヴィルツら順調に回復

 バイヤー・レヴァークーゼンでは現在代表戦に参加中のチェコ代表パトリック・シック、そしてイラン代表サルダル・アズムンについて、前者はポルトガル代表戦にて、後者はウルグアイ代表戦にて、それぞれ負傷を抱えるという不安な知らせが届いてしまったのだが、ただ手に蹴りを受けてしまったシック、そして足首を捻挫したアズムンともに、週末に控えるバイエルン戦では引き続き出場できる見込み。

 またU21フランス代表アミン・アドリについては、8月中旬に行われたアウグスブルク戦にて負った鎖骨の骨折で離脱が続いており、今後の検査結果をみながら順調な回復を見せられれば、同じくバイエルン戦からオプションとなる可能性はあるだろう。特に3月に大腿筋の腱を断裂するなど、実践経験の不足も気になるところではあるが「ここ2・3週間でいろんなことをやってきていて、比較的早くまたチームの力になれるという期待感がある」とセオアネ監督。

 ただし同じくすでにチーム練習参加中のカリム・ベララビについては、まだ接触プレーを避けたままであり、半月板の手術からの回復を慎重に行っていくことだろう。「カリムについては1週間多く計画を立てていく傾向にあるね」と指揮官。十字靭帯を断裂したフロリアン・ヴィルツについては、現在ボールを使った集中的な練習が行われており、復帰時期は10月以降となる見通し。少なくともワールドカップ前にはクラブでプレーすることはできそうだ。

バイヤー 04 レヴァークーゼン バイヤー 04 レヴァークーゼンの最新ニュース