2022/10/05

ポルトにも敗戦のレヴァークーゼン、シャビ・アロンソ氏が次期監督最有力

©️imago images/Ricardo Larreina Amador

 確かに火曜夜に行われたチャンピオンズリーグ第3戦、FCポルト戦においてバイヤー・レヴァークーゼンは、特に前半に関してはまずまずといった戦いぶりを見せていた。だがそれからより攻撃的となったポルトを相手になかなか前に出られず、最終的には0−2で敗戦。これによりチャンピオンズリーグでは既に2敗、そしてリーグ戦でも先週金曜のバイエルン戦での大敗から、勝ち点わずか5で降格圏内へと沈む不調ぶりだ。

 果たしてこの試合がジェラルド・セオアネ監督にとってレヴァークーゼンでの最後の試合となるのか。すでに後任人事に着手していることは、週末のテレビ番組に出演したフェルナンド・カロ代表が認めるところ。そしてその有力候補の1人となっているのが、シャビ・アロンソ氏である。これはESPNが当初報じたもので、キッカーが得た情報でも一致する内容だ。

 現役時代にシャビ・アロンソ氏は、スペイン代表として114試合に出場して16得点をマーク、バイエルンではブンデスリーガ79試合に出場し5得点を決めており、またラ・リーガではレアル・マドリード、そしてレアル・ソシエダにて272試合に出場し1得点を記録。プレミアリーグでもリヴァプールFCにて143試合に出場し14得点をマークした実績を誇る。

 すでに40歳となったシャビ・アロンソ氏は、今年の5月までの3年間にわたって、前述のレアル・ソシエダのセカンドチームの監督を務めており、それ以来これまでフリーの状態が続いているところ。

バイヤー 04 レヴァークーゼン バイヤー 04 レヴァークーゼンの最新ニュース