2022/10/06

主な一問一答:シャビ・アロンソ監督の就任会見

©️IMAGO/Kirchner-Media

 木曜日に解任されたジェラルド・セオアネ監督の後任として、バイヤー・レヴァーゼンへの就任が発表されたシャビ・アロンソ監督が、ドイツ語と英語を織り交ぜながら、初めての記者会見を行なった、その内容について抜粋。

…週末のシャルケとの初戦:「楽しみにしているよ。やる気に満ち溢れているところだ」

…厳しい順位表の状況:「チームにとってもクラブにとっても、ファンにとっても、今は前向きさを決して失わないことが大切だと思う」

…レヴァークーゼン入団決意の理由:「適切な時期を待っていた。そして今、そのタイミングだと感じているよ。このクラブを助けたいという意欲、そのモチベーションは高く、強い」

…監督経験の浅さについて:「いつの日か監督になる。そう思い取り組み続けてきた。その一方をいま踏み出したのは、それが正しいことだと思えるからだ。クラブの人たちとも話をして、非常に高揚感をもっていることを伝えたよ」

…今後について:「サッカーはとにかく時間が勝負だと思っている。課題は山積みで、選手たちとのふれあいをもって、つながりを構築していき、雰囲気をつかむ必要があると考えている」

…サッカー哲学について:「ボールをもっているときでも、持っていない時でも激しさをもった、モダンなサッカーを展開していきたいと思っている。そして素晴らしい勝利へのメンタリティも必要だと思う」

…現役復帰の可能性:「もうキャリアを終えてから5年が経つ。もう体力はないし、その時代はすでに終わりを告げている。今は新しい時代に入っているよ」

…チームへもたらしたいこと:「意欲、成功への飢え、向上心、勝利への確信。これはチームにとっての新しいスタートを意味するものであり、そこでチームに新しいエネルギーを注入していきたい。それが私にとっての目標になると思う」

…ブンデスリーガについて:「もちろんブンデスリーガのことはチェックし続けてきた。チームそれぞれでアプローチが異なる、刺激的なリーグだと思う。素晴らしい監督もいるし、また若いコーチもたくさんいる。そういったことはこれからさらに高みを目指していくリーグにおいて非常に良いことであると思うし、またこのリーグは非常に魅力的だとも思うね」

バイヤー 04 レヴァークーゼン バイヤー 04 レヴァークーゼンの最新ニュース