2022/10/29

アロンソ監督、フロリアン・ヴィルツのW杯参加の可能性を示唆

©️IMAGO/Nordphoto

 
今年の3月に十字靭帯を断裂したフロリアン・ヴィルツは、今週末のRBライプツィヒ戦でもまだ引き続き、欠場を余儀なくされることになる。未だ復帰時期は不透明のままとなっているが、ただシャビ・アロンソ監督は「遅かれ早かれ」復帰を期待しているところであり、同時に来月開催のワールドカップ参加の可能性さえも否定していない。「我々が彼を止めることはない」

 「重傷を負ったのだから、我慢の時間を過ごさなくてはならないものだよ」と、復帰を切望する期待の若武者について語った指揮官は、「ただ何より重要なことは彼が良いメンタリティを保ち、非常にうまく取り組んできているということだよ」と説明。「そこまで先の話ではないとは思うが、いずれ復帰の時を迎える。ただ期限を特に儲けているわけではないよ。もうチーム練習に復帰しているが、まだ少し時間が必要なんだ」と言葉を続けた。

 現実的な復帰時期としては年内最後の3試合のうち、つまり最終週のうちのいずれかということになるだろう。そしてその最後のステップを無事に踏むことができれば、もはやワールドカップ参加を止める障害は無くなったといえる。いかにそれがどれほど大きな意味を選手になすものか。それは誰の目からも明らかなことだ。同選手の父であり、代理人を務めるハンス・ヴィルツ氏は「出たいと思わなければ、それはフロリアンではない」と語っている。

バイヤー 04 レヴァークーゼン バイヤー 04 レヴァークーゼンの最新ニュース