2022/09/15

シュタッハとイングヴァルトセン復調も、ブルカルト欠場。ハックの穴埋めは?

©️IMAGO/Jan Huebner

 1.FSVマインツ05のボー・スウェンソン監督は、これから迎えるヘルタ・ベルリン戦にて、ドイツU21代表ヨナタン・ブルカルトが欠場を余儀なくされることを明らかにした。「足をみたが、まだよくはないようだね。U21代表でもこのままではプレーできないだろう」と、試合前日に開かれた木曜の会見でコメント。さらに代表戦期間後となるフライブルク戦での可能性についても予想せず、当然その穴埋め候補について言及することもなかった。

 なおマーカス・イングヴァルトセンが膝の負傷から、アントン・シュタッハが腰の問題から、それぞれに回復し水曜からチーム練習復帰。そのためオプションが増した状態で臨めるためワントップ採用ならオニシウォの隣でイングヴァルトセンが、そしてその背後でシュタッハが起用されるかもしれない。ただ2試合の出場停止処分を受けてしまった、アレクサンダー・ハックの穴埋め役は誰になるのか?

 スウェンソン監督は本来はSBのダニー・ダ・コスタを「オプション」と挙げ、3バックから4バックへの変更については「3バックで十分に機能している」として否定するなど説明しているが、いずれにしても最有力候補はニクラス・タウアーに変わりはない。また英紙アスレティックではそのスウェンソン監督に対し、イングランドからの関心が報じられたが、「メディアだけの話」として報道内容を一蹴している。

1. FSVマインツ05 1. FSVマインツ05の最新ニュース