2022/12/30

イ・ジェソンが移籍希望示唆も、マインツは「落ち着き払っている」

©️

 2020年夏にブンデス2部ホルスタイン・キールから、1.FSVマインツへと2024年夏までの契約で加入した、イ・ジェソン。しかしながらそれから1年半が経過し既に移籍について思いを巡らせていることを公言。一方でハイデル取締役は「落ち着き払っている」ことを強調した。

 とはいえブログで「今回のロシア・ワールドカップを経て、僕の人生に大きな変化が起こった」と具体的な考えを述べている30歳の韓国人選手は、「欧州の他の国やドイツでも、異なる環境でさらに成長したいという強い思いがある。僕は常に変化を求めるタイプで、またその時がきたように思うよ。何か変化させていくには、これは最後の機会となるかもしれない」と述べている。

 今冬に開催されたワールドカップでは決勝トーナメント進出こそ果たしたものの、ブラジル代表に1−4と完敗を喫しており、その中でイは4試合中3試合で先発出場。一方でマインツではブルカルト、シュタッハらとの争いの中で先発とベンチスタートを繰り返しつつ、リーグ戦15試合でプレーして2得点を記録しているところ。さらに同じポジションにはフルジーニやバルコクも今夏に加入した。

1. FSVマインツ05 1. FSVマインツ05の最新ニュース