2020/10/13

イタリア戦で負傷のレヴァンドフスキ「打撲のみ」


 バイエルン・ミュンヘンが誇る点取屋、ロベルト・レヴァンドフスキが代表参加中に、軽傷を抱えたことがポーランドサッカー連盟より火曜日に伝えられた。「ロベルトは超音波検査を受けており、足首に特に損傷はみられず打撲で済んだことが判明しています。ただ痛みがあり、今はフィジオのケアを受けているところです」と、同連盟の広報担当は”Polsat Sport”に対してコメント。
 そのため水曜日に行われるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦については、欠場の可能性は低いとしてはいるものの、それでも先発として起用されない可能性はあるだろう。同選手は日曜に行われたイタリア代表戦にて負傷を抱えており、バイエルンとしては回復しきれない状態でのプレーは望まない。
 
 ただいずれにせよ木曜日に行われるドイツ杯初戦デューレン戦では、レヴァンドフスキは欠場することに。なおバイエルンではそれから週末にはアルミニア・ビーレフェルトとのリーグ戦が、そして翌週からはチャンピオンズリーグも開幕を迎えるなど、過密日程がまちかまえている。
 

バイエルン・ミュンヘン の最新ニュース