2021/02/12

クラブワールドカップ最優秀選手に、レヴァンドフスキが選出


 木曜夜にカタールの首都ドーハにて行われたクラブワールドカップ決勝では、バイエルン・ミュンヘンが北中米カリブ代表UANLティグレスを破り、2009年のFCバルセロナ以来となる六冠達成を果たしたが、今大会のMVPにはそのバイエルンから、ロベルト・レヴァンドフスキが選出されている。2位はティグレスのアンドレ=ピエール・ジニャック、3位はジョシュア・キミヒ。
 確かに決勝戦ではパヴァールの得点に直接絡んでいるとはいえ、決してこの日は目立つ存在だったとは言えなかったものの、おそらくは準決勝での2得点が特に評価されての受賞となったのだろう。なおバイエルン・ミュンヘンからのMVP選出は、前回優勝を果たした際のフランク・リベリ以来のこと。それ以降、セルヒオ・ラモス、ルイス・スアレス、クリスティアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、ガレス・ベイル、モハメド・サラーと続き、レヴァンドフスキへと至る。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース