2021/09/01

ジェローム・ボアテング、リヨンへ2年契約で加入


 既報通りにこの夏に10年過ごしたバイエルン・ミュンヘンを後にしていたジェローム・ボアテングが、フランス1部リーグ・アンのオリンピック・マルセイユへと加入することが、水曜午後に正式に発表された。移籍市場の終盤に入るまで静かな状況が続いていた元ドイツ代表DFだが、最終日となり元ドルトムント、レヴァークーゼン監督のペーター・ボシュ監督率いる、リヨンへの移籍が浮上。その翌日には無事に、正式な加入発表へと至っている。契約期間は2023年までの2年。
 2014年にブラジルW杯で優勝を制し、ドイツ年間最優秀サッカー選手賞にも輝くなど、輝かしい実績を誇る同選手は、確かにバイエルンで過ごした10年間は波乱に満ちていたとはいえ、それでもCL優勝2回、ドイツ杯優勝5回、ブンデス制覇9回を果たすなど、こちらでも大きな成功を収めることに成功。まさにバイエルンの歴史にその名を刻む名選手の仲間入りすることになるのだが、ただ2019年夏に当時のへーネス会長に公の場で移籍を促されるなど辛い経験も。それでも残留を決意した結果、フリック監督就任で息を吹き返し欧州三冠達成を主力で貢献してみせている。
   

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース