2022/7/09

バイエルン:サディオ・マネ、練習初日から際立つ存在感


 金曜日に行われたバイエルン・ミュンヘンのトレーニングでは、今夏加入の新戦力3人が初めて、全員揃い踏みとなって練習参加を果たした。月曜日にはすでにライアン・グラフェンベルフが参加、さらにこれにノゼア・マズラウィとサディオ・マネが加わっており、特に後者は「Together」、コマンには「キープしろ」と大きな声を何度も声をかける姿が印象的だった。また最後の実践形式でも2得点と目立つ存在となっており、オーバーヘッドが決まらなかったのはご愛嬌か。
 なおマヌエル・ノイアー、トーマス・ミュラー、リロイ・サネ、ベンジャマン・パヴァール、ルーカス・エルナンデス、エリック=マキシム・シュポ=モティング、ロベルト・レヴァンドフスキは来週からの参加予定となっているが、ただレヴァンドフスキについては予定通り火曜日に姿をみせるかはまだわからない。ドイツ代表のうちレオン・ゴレツカ、セルゲ・ニャブリ、ジョシュア・キミヒ、ジャマル・ムシアラは合流済み。ちなみに米国遠征は10日後に迫っているところ。 
 その一方でハサン・サリハミジッチSDの息子、ニック・サリハミジッチがバイエルン・ミュンヘンのセカンドチームを後にすることが明らかとなった。2015年にウンターハッヒングから12歳でバイエルンの門を叩いた19歳のサイドバックは、昨季はブンデス4部相当で2試合、それ以外はU19でプレー。これからはMLSのバンクーバー・ホワイトキャップスのセカンドチームにて1年半のレンタルで加入する。
 

バイエルン・ミュンヘン の最新ニュース