2022/08/21

ナーゲルスマン監督が語る、キングスレイ・コマンへの期待

©︎picture alliance:dpa:Revierfoto

 昨シーズンより受けた出場停止処分からようやく開け、いよいよキングスレイ・コマンがバイエルン・ミュンヘンの戦列へと復帰することになる。ただ金曜の会見にてナーゲルスマン監督は、あくまでコマンの離脱期間の姿勢を見極めて判断することの重要性を説いた。「この2週間、試合がないという状況下において、いかに練習に打ち込むかをチェックすることは、私にとっては重要なテーマだったよ」つまりは出れないからこそより努力をするのか、それとも出れないからこそ気が抜けているのか。「フィットネストレーナーからは、一緒に行っている通常練習以外でも、彼は頑張っていたとの報告を受けた」とコメント。どうやらさっそく出番が巡ってくる事になりそうだ。

 特にナーゲルスマン監督はコマンが、レヴァンドフスキ移籍によって変化した2トップ、ダブルトップ下というシステムが、コマンに特にフィットしているとも見ている。「彼に言わせれば、彼は典型的なウィンガーではなく、常に中央でプレーをしたがるタイプなんだ。それは他の選手たちと同様にね」つまりは過度伸展を抱えるムシアラの代わりにコマンが2列目の左側に、そして内転筋と手首を負傷したニャブリの代わりにサネが入り、ミュラーが2トップの一角にスライドすることが考えられる。ただあくまでこの4人のポジションは形だけで自由に互いに動き回るものであり、そしてコマンの「卓越したクオリティ」はバイエルンにとって欠かせないものであるということ。「でもね、まだ彼はこれからリズムを掴んでいかなくていけないんだ。それをこれからするんだ」と語った。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース