2022/08/25

バイエルン時代に幕、ファインがエクセルシオールに完全移籍

©︎IMAGO:Lackovic

 幾度となくレンタル移籍を繰り返してきたアドリアン・ファインが遂に、バイエルン・ミュンヘン時代に幕を下ろし、SBVエクセルシオール・ロッテルダムへと移籍することが明らかとなった。2007年からバイエルンの門を叩き、2019年にプロ契約を締結。将来を期待されていたものの、しかしながらセカンドチームを経てPSV、ハンブルク、フュルト、レーゲンスブルク、ドレスデンとレンタル移籍を繰り返すことに。
 
 だがこの夏にはすでに練習参加していたエクセルシオール・ロッテルダムへ、双方合意により1年延長オプション付きの2024年までの契約を締結する運びとなった。サリハミジッチSDは、「アドリアンは若いうちに入り、バイエルン・キャンパスにてプロとしての育成を受けてきた。近年はPSV、ハンブルクにレンタル移籍して貴重な経験を蓄積しており、今は次のステップに進む用意ができているよ」とコメント。

 一方でファインは、昇格組として臨んでいる新天地のクラブが、開幕から連勝スタートを切ったことに喜びをみせ、「監督やチームが求めているサッカーは、僕にとてもマッチしていると思う。エクセルシオールは若いチームだけど、選手達はみなとても野心的だね」と語った。なお日曜には早速古巣、PSVとの対戦が控えているところ。

 またバイエルンではガブリエル・ヴィドヴィッチのレンタル移籍先を探しているようで、すでにブンデスリーガや海外からの問い合わせの他、ブンデス2部のヤーン・レーゲンスブルクも関心を示しているという。またヨシプ・スタニシッチについては、ブンデスリーガから1件、プレミアリーグから2件の問い合わせがあったものの、しかしながらクラブ側は移籍へのゴーサインを出していない。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース