2022/09/16

バイエルン:エッフェンベルク氏がアンバサダーとして復帰

©️imago images

 ミュンヘンの地を離れてから、およそ20年。かつてキャプテンも務め、2001年にチャンピオンズリーグを制し、ブンデス3度優勝、ドイツ杯、W杯も制したシュテファン・エッフェンベルク氏が、アンバサダーとして戻ってくることが明らかとなった。

 これは金曜日にクラブ側より明かされたものであり、マーケティング担当のアンドレアス・ユング氏は、「シュテファン・エッフェンベルク氏を新たなアンバサダーとして迎え入れられたことを大変嬉しく思う。彼はピッチ上のリーダーとしてクラブを歴史的成功へと導いくなど、ファンの間でも特別なステータスを築いている、バイエルンを代表していく人物として理想的だ」と説明。

 一方のエッフェンベルク氏は、復帰について「バイエルンは常にファミリー感があるといわれるが、それは実際にそうで私も現在でもそう感じている。主将としてこのクラブと世界中のファンのために全力を尽くしたが、これからはバイエルンへの情熱を胸にアンバサダーとして、新しい役割を果たしていきたいと思う」と述べている。

 なおバイエルンではこれまですでに、アンバサダーとしてジオバネ・エウベル氏、クラウディオ・ピサーロ氏、そしてローター・マテウス氏が就任しており、エッフェンベルク氏はそれに続く4人目となる他、さらにゼ・ロベルト氏やクラウス・アウゲンターラー氏らレジェンドチームの更なる強化においても一役担うことになる。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース