2022/09/18

バイエルンが遂に今季初黒星。リーグ戦4試合連続未勝利の中で代表戦期間へ

©️IMAGO/osnapix

 確かにバイエルン・ミュンヘンでは、シーズン最初の公式戦においてDFBスーパーカップを制し、ドイツ杯初戦ではヴィクトリア・ケルンに快勝、さらにチャンピオンズリーグではインテル・ミラノ、そしてFCバルセロナ戦も制して、グロープリーグ突破に向け大きく前進しているところではある。

 だがそれ以上のものでもない。2−0でのバルサ撃破で歓喜に沸く中、オリヴァー・カーン代表はこの試合ではPKや相手GKテル=シュテーゲンのミス、さらにポストやノイアーによって救われたことなど、幸運面を強調。決して勝利に酔いしれることのないよう警告を発していたのだ。

 ただそれは当然のことだとはいえるだろう、なぜならばブンデスリーガではここ3試合でいずれも
痛み分けを演じてしまっているところであり、そして土曜日のFCアウグスブルクとのバイエルンダービーでは0−1と敗戦。今シーズン初となる黒星で、これから代表戦期間を迎えることに。

 無論バイオエルンの首脳陣たちは常々、リーグ戦が最重要大会であることを繰り返し強調しており、だからこそ次節まで残されたこの時間のなかでは多くのことについて議論がなされなくてはならないだろう。典型的なセンターフォワードの不在は、そこで挙げられるであろう多くの議題の中の1つとなるはずだ。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース