2022/09/21

サビッツァ、バイエルンは「もっと早く相手を仕留めないと」

©️IMAGO/Passion2Press

 今シーズンについてマルセル・サビッツァは、ここまで複雑な心境を抱いているという。リーグ戦4試合で未勝利という所属元バイエルン・ミュンヘンの状況にあって、むしろクラブ内におけるステータスは向上しているところであり、順応への時間を要した昨シーズンとは異なり主力選手としてのプレーを続けているところ。そのパフォーマンスにも評価の声がきかれる。

 「調子はいいし、良い感じではある」とウィーンにて語ったサビッツァは、「たくさんプレーをしたいし、フィジカル的には良い感じだよ」とコメント。ただバイエルンはブンデス5位に甘んじているところであり、「状況は当然、簡単なものではないさ。クラブの抱く野望はこんなものではないから。もう1度攻撃していかないと、反撃していかないとね」と意気込みをみせた。

 開幕戦でこそアイントラハト・フランクフルトから快勝をおさめるなど幸先の良い出だしだったが、「最初の3・4・5週間では相手に隙を見せていなかったのに、それが一気に変わってしまった」とオーストリア代表MF。その理由の1つは決定力不足にあるとみており、「確かに逃しすぎている。もっと相手を早く仕留めるようにしないと」傷口は広がるばかりなのだ。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース