2022/10/04

4試合連続未勝利を解消でストップ、ナーゲルスマン監督は「満足感」

©️IMAGO/Lackovic

 4−0での勝利後にユリアン・ナーゲルスマン監督は、「選手たちがロッカールームから出てきたときに、好意的にみられているか少なくともリスペクトされているかは感じ取れるものだ。そして今日のような戦いぶりをみれば、非常に満足できるものだったよ」と、DAZNとのインタビューにてコメント。「非常に堅実なディフェンスもできたし、守備面においても精力的に取り組んでくれる選手たちを目にすると、時にそれは得点よりも重要な意味をもつことだってあるんだ」と言葉を続けた。

 確かにこの試合まで、リーグ戦ではバイエルンは4試合連続未勝利が続いていたものの、それでもカーン代表は試合前から落ち着いた様子を見せ、「あまりにも良いスタートをきったことで、少し安心しすぎてしまったのかもしれないね」と淡々と分析。さらに「新加入の選手をチームに組み込んでいくには、やはり時間はどうしてもかかるものだよ。決定力も1つのポイントではあるし、またピッチ上で全力で戦えるようなフィジカルさも重要になってくるものさ」と語っている。

 「例えばサディオ・マネはそのうち、その決定力を発揮してくれるものと確信しているし、なんでもかんでもセンターフォワードのせいにしてしまうのは余りに短絡的ではないか。フィニッシュにおける最後の集中力、それは姿勢にも関係するものであり、それは最初からピッチに持ち込まなくてはならないものだよ」それがこの日のレヴァークーゼン戦で見て取れたということだろう。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース