2022/10/04

サディオ・マネ、これで呪縛から解放?ナーゲルスマン監督「そう願っている」

©️IMAGO/ULMER Pressebildagentur


 
 サディオ・マネは遂に金曜夜のバイヤー・レヴァークーゼン戦にて、8月以来となる得点を決めることに成功した。果たしてセネガル代表は新天地での問題解消をはかることができたということなのだろか?確かに報道陣をすり抜ける術は偶然電話がかかって「すみません!」と通ることをマスターしているが、ピッチ上ではドリブルに関して少し苦労している様子が見受けられており、ただこの試合では少なくともスコアシートに久々の「ゴール」が記される結果にはなっている。

 これで呪縛から解き放たれたのか、それは「次の試合では、おそらくそれがわかるのではないか」とユリアン・ナーゲルスマン監督はコメント。「ぜひそうあって欲しいと願っているよ。ただ彼自身がどう思っているかについては、そのうち聞いてみるさ。ただあのゴールは彼にとって非常に重要なものだったと思うよ」と言葉を続けた。特にこれからバイエルンは重要な試合、CLヴィクトリア・プルゼニ戦と、そしてドルトムントとのドイツ頂上決戦を迎える。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース