2022/10/04

ドイツ頂上決戦前のCL戦、ナーゲルスマン監督「7人は入れ替えない」

©️IMAGO/Philippe Ruiz

 月曜午前にバイエルン・ミュンヘンの選手たちは、翌日に控えるチャンピオンズリーグ、ヴィクトリア・プルゼニ戦に向けた最終調整に元気よく臨んでいた。金曜夜に開催されたレヴァークーゼン戦にて、ブンデスリーガでの未勝利を4試合でストップさせており、今回ではさらなる改善した姿をみせたいところ。「ここ数週間は決して容易なものではなかった」と振り返ったユリアン・ナーゲルスマン監督は、とりわけ土曜日のドルトムントとのドイツ頂上決戦を前に「極めて重要な試合」であるとの位置付けを強調している。「ブンデスリーガでは、チャンピオンズリーグよりも少し強くプレッシャーを感じることになるだろうからね。ただこの試合でも選手たちが意気揚々としてプレーをみせてくれると確信しているさ」

 一方でそういった事情からこれまで出場機会のあまりなかった選手たちには、今回は絶好のアピールの機会となる可能性がある。そもそもジョシュア・キミヒとトーマス・ミュラーがコロナ陽性反応のために欠場を余儀なくされており、「入れ替えすぎず、入れ替えしなさすぎず」がテーマとなるもの。またフル出場が続くアルフォンソ・デイヴィースの代わりには両サイドでプレー可能な若武者スタニシッチ、キミヒの変わりにはゴレツカが後を受けつつ、若手グラフェンベルフも虎視眈々と機会を伺っているところだ。ミュラーの代わりはニャブリが入るだろう。「7人も入れ替えるようなことはしないさ」と指揮官。「調子のいい選手を先発で全員起用して、早めに交代させるか。それともあまりプレーしていない選手を何人か入れて、それ以外の選手は30分前に投入してリズムを整えるか。まぁ、これから見て行くことになるよ」

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース