2022/10/07

元バイエルン、フランク・リベリが現役引退の危機

©️IMAGO/Uk Sports Pics Ltd

 フランク・リベリのキャリアの終焉は、本人が望んでいたものよりも早く、訪れてしまうことになりそうだ。メディアの報道によると39歳の元フランス代表MFは、膝の問題によりキャリア続行の危機に瀕しているところであり、現在所属するUSサレルニターナにて最後にピッチに立ったのは、8月中旬のASローマ戦でのこと。ただしクラブでのリベリの時間が終わりを迎えるわけではないようで、伝えられるところによればクラブでの新たな役割が容易される可能性がありという。

 2007年から2019年までバイエルン・ミュンヘンにて長きに渡り活躍を続けていたフランク・リベリは、その後にイタリアへと戦の舞台を移しており当初はACフィオレンティーナへ、そしてその後にUSサレルニターナへと移籍。バイエルン時代ではブンデスリーガ、ドイツ杯でも数多くの優勝を果たした他、2013年にはチャンピオンズリーグ優勝も達成。フランス代表としては2006年のドイツワールドカップにて決勝進出を果たしたものの、そこでイタリア代表に敗れて準優勝に終わっている。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース