2022/10/07

隔離から解放、キミヒは戦列復帰も、ミュラーはドルトムント戦欠場

©️AFP via Getty Images

 確かに先日のヴィクトリア・プルゼニ戦では、その穴埋めを果たし快勝を収めることに成功した、バイエルン・ミュンヘン。だがそれでもユリアン・ナーゲルスマン監督は、コロナ感染によって欠場を余儀なくされたジョシュア・キミヒ、そしてトーマス・ミュラーの今週末の復帰を期待していたことだろう。

 実際に隔離からの解放は、それに間に合うものではあった。そしてキミヒに関しては今回のボルシア・ドルトムント戦にてメンバー復帰を果たす一方、トーマス・ミュラーについては引き続きメンバー外となっている。「トーマスはまだ少し問題を抱えており、今日と明日の練習には参加しない」と指揮官は金曜日のコメント。風邪の症状がみられるため「万全とはいえない」状態だという。

 ただキミヒに関しては「全ての数値が素晴らしい数字」となっており、それでも練習での様子を見極めていくことになるものの、「メンバー入りを想定している」ことを明言。ここまで続くブンデスリーガの今季全試合出場は、今回も継続することができるかもしれない。またインテル戦以来、筋損傷で離脱していたキングスレイ・コマンも、「状態はいい。全ての負荷テストに対応できている」と戦列復帰の見込みとなった。「もちろん先発候補ではないが」

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース