2022/10/11

最終調整でノイアーも不参加。フィールドプレーヤーは僅か15名のみ

©️IMAGO/Laci Perenyi

 バイエルン・ミュンヘンではチャンピオンズリーグGL第4戦ヴィクトリア・プルゼニ戦を目前に控え、さらなる負傷離脱の危機へと晒されている。先日のドルトムント戦にて負傷交代したデ・リフトとデイヴィース、コロナ感染が報じられたムシアラに加え、セルゲ・ニャブリと主将マヌエル・ノイアーが、最終調整に姿をみせなかったのだ。

 ニャブリは膝に負傷を抱えたために大事をとった模様で、またノイアーについては建物2階にあるパフォーマンスセンターにて汗を流す様子が見受けられているところ。果たして本日午後に決戦の地プルゼニに帯同するかについては、バイエルン側は現時点では特に明かしていない。

 その代わりにこの日のトレーニングでは、セカンドチームの20才ヤコブ・マイヤーが参加していた。またフィールドプレーヤーの参加選手の数は、日曜と月曜に練習を再び行っていたトーマス・ミュラーを含めて、合計15選手のみとなっているところ。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース