2022/10/19

ナーゲルスマン監督、バイエルンの「3年連続ドイツ杯2回戦敗退は許されない」

©️IMAGO/kolbert-press

 「非常にフラストレーションが溜まっている・・・」およそ1ヶ月前にそう漏らしたユリアン・ナーゲルスマン監督。代表戦期間直前に行われたFCアウグスブルクとのバイエルンダービーでは、今シーズン初となる敗戦を喫したのみならず4試合連続未勝利となり、翌日のオクトーバーフェストは文字通り”お寒い”中での参加を余儀なくされていたのだ。「アウグスブルクの考えは、我々に対し非常に有効的なものだったよ」と改めて「非常にシンプルな動き」と「非常に高いプレス」を仕掛ける力強い、フィジカルな嫌らしさをもつプレーを評価。だからこそそれ以来の再戦となる今回のドイツ杯2回戦において、アウグスブルクのマーセン監督が異なる戦術を採用してくるとは考えていないのだ。「つまりフィジカル面での挑戦ということ。アウグスブルクはとてもアクティブで、なかなか打開策を見出す余裕がなく、我々がフライブルク戦で得ていた余裕はなかった」

 さらにここのところ再び見せつつある決定力という点でも、前回の対戦では完全に鳴りを潜めてしまっていた背景もある。逆にいえばバイエルンがおくべき基準はむしろ、最近の好調さから見て取れる日曜日の大勝劇にあり「あの試合では本当に規律正しく、非常にポゼッションに安定感が見られ、良いサッカーを見せていたよ。同時にとても気迫のこもった守備もみせていた」と指揮官。なにしろ2年連続で続くドイツ杯2回戦敗退という流れを、バイエルンとしては「絶対に3度続けてはいけない。それはすでに話題としてあがっている」とナーゲルスマン監督。「ドイツ杯を制するという野望が我々にはあるのだ。だからこそ明日のアウグスブルク戦は勝利を収めるほかない。それが我々の使命である」と宣言した。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース