2022/11/01

バイエルン:右SBに贅沢な悩み、パヴァールvsマズラウイ

©️IMAGO/Revierfoto

 べンジャマン・パヴァールと、ノゼア・マズラウイ。バイエルン・ミュンヘンの右サイドバックではユリアン・ナーゲルスマン監督は贅沢な問題を抱え、特にシーズン当初とは対照的にマズラウイの方が最近より起用される傾向が見受けられる。だが指揮官は「必ずしもそうではないさ」と、kickerの問い合わせに対して語った。あくまでマインツ戦での起用は「バルセロナ戦で非常に良いプレーをみせていた」ためであり、「攻撃的に守ってくるチームに対して非常に落ち着きをもってボールに対処している。これはチームに好影響をもたらすものだ」と言葉を続けた。

 その結果この試合では4点目と6点目のアシストを決めるなど、モロッコ人ディフェンダーの技術力が際立つ結果にもなっており、またマズラウイの多用に繋がるもう1つの要因としては、リュカ・エルナンデスの負傷離脱に加え「ウパメカノやデ・リフトが出場過多」のため、パヴァールが「本人にとってはあまり歓迎しないことかもしれないが、今は2つのポジションをカバーしている状態だということ」だ。つまり火曜夜のインテル・ミラノ戦では、両者がそろって先発出場する可能性がある。デ・リフトはマインツ戦で大腿に問題を抱えハーフタイムで交代しており、昇華試合を休養に与えることは歩くない判断だ。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース