2022/11/06

負傷交代のデイヴィース「カナダ代表としてW杯出場は可能」

©️IMAGO/Jan Huebner

 土曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦では、バイエルン・ミュンヘンは最終的に3−2での勝利をおさめて暫定首位に浮上したものの、その最初の交代枠となったのがアルフォンソ・デイヴィースの負傷という、試合後も不安の残る交代劇となってしまった。

 とりわけ1986年以来となるワールドカップ出場が控えるカナダ代表にとって、まさにチームの絶対的存在であるデイヴィースの負傷の度合いは大いに気になるところだっただろうが、ただ日曜日には安堵のため息をつくことができている。

 バイエルン・ミュンヘンは自身の公式ツイッターにて「22歳のサイドバックは土曜日に行われたヘルタ・ベルリン戦にて、右大腿に筋損傷を抱えましたが、ただカナダ代表の一員としてカタール・ワールドカップ参加を危惧するものではありません」と報告している。

 だが一方でバイエルン・ミュンヘン側としては、火曜日に控えるヴェルダー・ブレーメン戦、そして土曜日に控えるFCシャルケ04とのブンデス昇格組との連戦において、ともにデイヴィースを欠いて2022年度の戦いを終えることになった。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース