2022/11/12

ナーゲルスマン監督「セネガル代表がマネの出場を熱望していることは知っている」

©️imago images

 すでに年内をブンデスリーガ首位で迎えることが確定した、バイエルン・ミュンヘン。ワールドカップ直前となるFCシャルケ04戦を前に行われたプレスカンファレンスにて、ユリアン・ナーゲルスマン監督は「トーマス・ミュラーはアウト、そしてサディオ・マネもアウトだ」と早々に明言した。さらにヘルタ・ベルリン戦にて負傷したカナダ代表のアルフォンソ・デイヴィースも欠場となるが、「ワールドカップに向けて再び体調を整えていくため、あと数日はミュンヘンでリハビリを行う予定だよ」とも明かしている。その一方でマタイス・デ・リフトについては、今夏加入以来幾度となく負傷に悩まされてきたが、今回は復調を果たしており「彼の練習の様子もよかったし、もう問題はないようだ」と指揮官も安堵の表情を浮かべる。「今日特にリアクションが見られなければ、通常通りに最終調整を終えて明日にはプレーできるだろう。彼がもどってこれて嬉しいよ」

 一方でセネガル代表は本日、ワールドカップに向けた代表メンバーの中に、出場が危ぶまれているマネの招集を発表した。ナーゲルスマン監督は「10日後にまた経過観察をして、脛骨プラトーの治癒がどうなっているかを見ることになるよ。それから更なる決断を下すことになる。」と述べ、セネガル代表がリスクをおかす不安については「そもそも負傷後の早期復帰は常にリスキーだ」とコメント。「セネガル代表が彼のプレーを熱望していることは明らかだが、ただ最終的には医療的な診断がものをいう。どうなるかみてみるさ」とも語った。それは代表、クラブにかかわらず「いざという時には、医療の方がサッカーよりも優先されるものだよ」ということである。

ヴァナーがオーストリア代表の合同合宿に参加

 バイエルン史上最年少デビュー記録をもつパウル・ヴァナーが、オーストリア代表のA代表ラングニック監督とU21代表グレゴリッチュ監督による、合同合宿に参加することが明らかとなった。ワールドカップ開催期間中を利用し、がクロアチアのプーラにて、11月21日から25日にかけて行うものであり、オーストリア人の母とドイツ人の父をもちドイツユース代表としてのみプレーしてきた16歳にとっては、初のオーストリア代表への参加という意味合いも持つ。なおラングニック監督は今回の合宿を利用して若手選手を知っていきたいと考えており、2000年から2005年生まれの選手合計29名がエントリーされた。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース