2022/11/16

セネガル代表、サディオ・マネ不在でW杯初戦へ

©️IMAGO/Sven Simon

 先週行われたヴェルダー・ブレーメン戦にて、腓骨を負傷したために今月20日開催の、カタール・ワールドカップの出場も危ぶまれていたサディオ・マネ。それでもセネガル代表はアフリカ最優秀選手の招聘を判断し、その負傷度合いや回復具合などに注目が寄せられている中、AP通信によればセネガル代表のソー副会長は「サディオ不在で初戦を戦い、そこで勝利をおさめる。そのための準備をしなくてはならない。そのほかにも25名の選手がいるのだし、あまり不平不満を口にすべきでもないよ」との考えを明かしたという。

 そしてあくまで「競技面のことよりも医療面のことが優先的に扱われる」ともしており、そのため「最初の数試合」は不在になる見通しとのこと。ただ具体的に何試合が見込まれているのかについては、連盟側もクラブ側も特に発表はしていない。すでにセネガル代表の大半が現地に向かっている中で、マネはまだ更なる検査のためにミュンヘンにとどまった後で、チームに合流する予定となっているのだ。10日前にナーゲルスマン監督は「10日後にもう一度経過観察をして、脛骨プラトーの治癒がどうなっているかを見る」と説明。「それから次の判断を下していくことになる」と述べている。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース