2022/12/04

オランダ代表デ・リフト、1試合のみ出場も「想像より多い」

©️IMAGO/Sven Simon

 カタール・ワールドカップのグループリーグ初戦、セネガル代表戦では3バックの右側という、不慣れな役割でスターティングメンバーに名を連ねていた、マタイス・デ・リフト。最終的にはkicker採点4という精彩を欠いたパフォーマンスをみせた後、その後ジュリエン・ティンバーに譲る形で出場機会は1分も得られていない。だがアスレティックに対して同選手は、「正直いって、そんなに悔しさを感じているわけではないんだ」とコメント。「どの選手もプレーすることを望んでおり、ここには26人の選手たちがいる。それに今回のワールドカップでは率直なところ、想像していた以上にもうプレーできたと思っている。全然、プレーできないと思っていたから」と言葉を続けた。

 どうやら今夏に移籍金6700ユーロでバイエルン・ミュンヘンに加入したセンターバックは、ルイ・ファン・ハール監督が3バック構想のため異なるプランを思い描いていることを理解していたようだ。「問題はない。全員で戦って、そして準々決勝に進出することができた。」というデ・リフトは改めて、フィットネスへの疑問の声に「プレースタイルによるものだよ。そこで監督が異なる判断を下すことは何も悪いことなんかじゃない。僕は自分自身の役割を理解した上で、チームにとって重要な存在となれるよう日々練習に励んでいるところさ」なおすでに8強入りを果たしたオランダ代表の対戦相手は、悲願の優勝を狙うリオネル・メッシ率いる、アルゼンチン代表。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース