2023/01/06

バイエルン、デイリー・ブリント獲得を発表

©️IMAGO:Icon Sportswire

 バイエルン・ミュンヘンがデイリー・ブリントを獲得した。リュカ・エルナンデス離脱の穴埋めが期待されており、クラブ側の発表によれば契約期間は今季いっぱいまでながら、さらに1年間延長のオプションも付随したという。サリハミジッチSDは「デイリーはポリバレントなディフェンダーであり、左サイドでも内側でもプレーが可能。国際経験とリーダーシップをもっており、チームの助けとなってくれることだろう」とベテランレフティへの期待感を示している。

 今冬に開催されたカタール・ワールドカップにてバイエルンでは、エルナンデスが右膝の十字靱帯断裂の大怪我を負っており、今季中の復帰が絶望視されているところ。そこで先日にアヤックス・アムステルダムとの契約を解消した、そのワールドカップでオランダ代表として活躍していた32歳に白羽の矢が立った格好だ。オランダ代表99試合、マンUでは90試合に出場した同選手の獲得には、バイエルンは移籍金の支払いは必要ない。

理にかなった、バイエルン移籍

 今回の移籍実現は実に理にかなったものだ・バイエルンへの移籍ということでブリントにとっては代表継続の目処がつくことになり、またバイエルンにとってもエルナンデスの代わりだけでなくデイヴィースのバックアップも担える存在を、リスクの低い経験豊富な選手で安価に埋めることができたのである。確かにスピードや空中戦では難がありそれが、シュロイダー監督にとっては先発から外す理由にもなってしまったようだが、ただオランダ代表では3バックの左側として、ファン・ハール監督はその弱点を補い長所を活かす術をみせている。

バイエルン・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘンの最新ニュース