2022/01/08

デュッセルドルフ、レットガーマン取締役が退任へ


 ブンデス2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは土曜、トーマス・レットガーマン取締役が、契約満了により退任することを明らかにした。2019年より締結されている契約は4月までとなっており、クラブ側からは契約延長の提示がなされていたものの、最終的に断りが入れられている。
 長年にわたりヴォルフスブルクにてマネージング・ディレクターを務めた経験ももつ同氏は、「相談役会から提示された経営コンセプトは、フォルトゥナか必ず直面する今後の課題へと対応するのに、適したものであるという確信が得られなかった」と説明した。
 一方でここのところコロナ禍に揺れているデュッセルドルフでは、さらにエドガー・プリブからも、コロナ陽性反応が示されたことが判明。すでに隔離されており、現在はとくに症状などはみられていないという。
 

フォルトゥナ・デュッセドルフ フォルトゥナ・デュッセドルフの最新ニュース