2022/01/11

独サッカー連盟会長選挙、方式は1月26日に最終判断


 3月11日にドイツサッカー連盟では、次期連盟会長を決定する選挙を行うことになる。オミクロン株の拡大により延期の話し合いも行われたようだが、最終的に予定通り実施することを決断。ただそれが対面形式で行われるのか、それともバーチャル形式にて行われるかは、1月26日に判断を下していくことになる模様。
 特にドイツサッカー連盟会長職においては2015年末以降、ヴォルフガング・ニースバッハ氏に端を発し、ラインハルト・グリンデル氏、そしてフリッツ・ケラー氏と、入れ替わりが続いており、今回の会長選挙には非常に注目が集まっているところ。有力視されているのはドイツサッカーリーグ機構の相談役会会長で、シャルケの代表も務めたペーター・ペータース氏、そして多くのアマチュアからの支持を受けるベルント・ノイエンドルフ氏。
 

ドイツ代表 ドイツ代表の最新ニュース