2021/02/07

フンテラールの復帰へ、既に懐疑の声も浮上


 後半戦での巻き返しに向けて、今冬の移籍市場では積極的な動きをみせた、FCシャルケ04。およそ1年ぶりとなったホッフェンハイム戦での勝利では、セアド・コラシナツが大いに期待感を喚起したものの、その後はチーム全体へと染まり余り目立った活躍をみせられていない。
 ウィリアムからもあまりポジティブな場面は見受けられず、カバクの穴埋めで加入し練習もないまま先発出場したシュコドラン・ムスタフィも、リーダーシップをみせ良い場面もあったが相手選手ムキエレに失点を許している。
 ただ何よりクラース・ヤン・フテラールの獲得が本当に賢明なものであったかについては、すでにネガティブな意味で議論がなされているところだ。現役ブンデスリーガー最年長として復帰した37才のFW、移籍前からふくらはぎの問題を抱えており、いまだ1試合の終盤のみの出場。今節は欠場となった。
 シュナイダーSDはこの負傷を見落としていたということはなく、「サッカーでは怪我も一部だよ。ただそれでもロッカールームにおいて非常に重要な役割を担ってくれている」と評価。だが今のシャルケに必要なものは、フンテラールの言葉ではなく得点であることに変わりはない。
 

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース