2022/08/20

シャルケ、主将ラッツァと新加入ラーションは引き続きベンチから

©︎IMAGO:RHR-Foto

 昨シーズンでは主将としてブンデスリーガ昇格を果たしたものの、しかしながら自らは負傷のために苦しいシーズンを過ごすことになった、FCシャルケ04のダニー・ラッツァ。再起をかけて臨んだこの夏の準備期間においても、トウェンテとのテストマッチで大腿に負傷を抱えて交代。そのため今季最初の公式戦であるドイツ杯初戦では欠場を余儀なくされているところ。

 クラマー監督はこの負傷のタイミングを「不運」と述べているが、ただ「今は戻ってきたよ」とも述べているように、リーグ戦2試合では開幕戦で後半77分から、そして続く2試合目では後半85分から投入。たとえ終盤からであっても「彼はチームに影響を与えることのできる選手だ」と評する。ただ完調を果たした時には問題を抱えることにあるかもしれない。

 シャルケの中盤にはクラルとクラウスが控えており、この夏も主将に引き続き任命されたとはいえ、決して先発の座を保証されているわけでもないのだ。また新戦力のヨルダン・ラーションについても、まだ「1つ、2つの課題を抱えている」とクラマー監督は述べており、特にこれまでフリーの状態でパーソナルトレーナーと取り組んできた同選手には、まだ遅れが生じていることは入団当初から強調していたことだ。

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース