2022/08/24

ビーレフェルト、元シャルケGKマルティン・フライスル獲得を発表

©︎IMAGO/Revierfoto

 ブンデス2部アルミニア・ビーレフェルトでは、先日の1.FCハイデンハイム戦にてステファノス・カピーノが右大腿を負傷、そこで既報通りマルティン・フライスルを獲得したことを発表した。昨夏にFCシャルケ04との契約が満了していた29歳のGKは、ここまでフリーの状態となっていたために移籍金の支払い義務は発生しない。そして代わりに1年半で出場機会のなかった、オスカー・リナーの契約が解消されたことも併せて発表された。

 「マルティン・フライスルは多くの経験を積み、そして昨シーズンでは大きな成功も収めている。彼はブンデス2部のことを熟知しており、そして最高のパフォーマンスをみせるGKがいかにチームにとって貢献できるかも知っているよ」と、アラビ競技部門取締役はコメント。「それをシャルケで実際に証明してみせたんだ」と言葉を続けた。そのためカピーノの離脱もあってさっそく、週末のブラウンシュヴァイク戦から先発出場する可能性もあるだろう。リナーや経験値の浅い若手2人(シュルツとハーネ)しかいなかったカピーノにとっては、厳しいライバルの登場だ。

 ブンデス2部71試合に出場した経験をもつフライスルは、昨季の第8節からラルフ・フェアマンの代わりに先発GKとして出場、活躍をみせてブンデス2部優勝へと貢献。またSVザントハウゼン時代には2019年半ばから2020年末まで、ブンデス2部でプレーするなど、まさに熟知したリーグだ。今回ビーレフェルト入りを決断した理由として、「GKコーチとのプロフェッショナルで評価に満ちた話し合い」を挙げたフライスルは、「その熱気、激しさ、雰囲気をもったビーレフェルトで、早く理解して、試合や練習でベストを尽くしたい」と意気込みをみせた。

DSCアルミニア・ビーレフェルト DSCアルミニア・ビーレフェルトの最新ニュース