2022/08/28

シャルケ:ティアウがACミラン移籍に迫る、アリも移籍交渉へ

©︎Getty Images

 マリック・ティアウがイタリア・セリエAへの移籍を間近に控えているようだ。土曜日に行われた1.FCウニオン・ベルリンとの一戦では、1−6と大敗を喫したその翌日、ドイツU21代表の姿は北イタリアにあった。21歳のディフェンダーはセリエA王者ACミランへの移籍に迫っており、実際にウニオン戦後に同選手は「1−6というこの試合の敗戦では、僕も多くのミスをおかしてしまったけど、でもたった1試合でのみ判断するようなクラブは無いと思う」という、意味深な発言を残しているところだった。

 そして実際にACミランはこの1試合だけでなく、これまでのティアウのみせてきたパフォーマンスに納得しており、すでに今年の冬からその関心が報じられていたところ。2015年にシャルケのユースチームへと加入し、2019/20シーズンよりプロ初デビュー。これまで61試合に出場して3得点をマークしてきた期待の若手選手の売却には、シャルケ側もそれ相応の移籍金額を期待しているところだ。

 またマリック・ティアウのみならず、アミーヌ・アリについても、残された夏の移籍市場において新天地へと飛び立つため、詰めの交渉に向かうための自由が与えられた。昨シーズンではフランス1部マルセイユにレンタル移籍していた25歳のモロッコ代表だが、それから帰還したこの夏はここまでまだ、1試合の出場機会も得られない日々が続いていた。

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース