2022/10/10

シャルケ:クラマー監督に、再度チャンスを与えることを発表

©️IMAGO/Eibner

 監督交代劇直後のバイヤー・レヴァークーゼン戦でも、0−4と敗戦を喫することとなったFCシャルケ04。「レヴァークーゼンのテンポに対抗できない場面が多すぎた。ポゼッションが不明確で、ロストからカウンターを招く結果となってしまったよ」と、試合後にフランク・クラマー監督は総括。

 「自分たちがやりたかったことができなかった以上、敗者としてピッチを後にするのは当然だろう」と言葉を続けており、選手自身からも例えばセドリック・ブルナーからは、「守備の甘さは、ブンデスリーガのレベルだと手痛い代償となって返ってくる。」と反省の弁が伝えられた。

 クラブ側からの声明でも「今日のパフォーマンスにはあまりに大きな失望を覚えています。フランク・クラマー監督を中心とするコーチ陣、チーム、我々全員が、ホッフェンハイムに対してあらゆる面で向上したパフォーマンスを示すことが、いま求められています」と述べられており、別の見方をするならばクラマー監督には再度のチャンスが金曜夜に与えられたということにもなる。

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース