2022/10/21

吉田麻也の苦悩が増す、今度はCBグライムルが手術で離脱

©️IMAGO/Team 2

 水曜午前に発表されたフランク・クラマー監督の解任に伴い、現在は後任監督人事に追われている、FCシャルケ04。ひとまずは練習を率いるマティアス・クロイツァーACが、日曜日のヘルタ・ベルリン戦にて暫定監督を務めることになったが、ただ監督人事に関わらず、センターバックの問題は逼迫しているところ。

 私生活で足に裂傷を負い、思うような回復をみせず手術に踏み切ったマルチン・カミンスキは長期離脱中で、守備強化のために期待されれリヴァプールからレンタルした、セップ・ファン・デン・ベルフは足の靱帯に深刻な損傷を負ったためにこちらも長期離脱中。

 さらにここにきて今度は、レオ・グライムルが離脱。そもそも1年前にラピド・ウィーン時代で、十時靭帯を断裂し半月板も損傷していた同選手は、この夏の加入時から時間が必要だと強調していたものの、チーム事情からここのところは先発していたが、突然の最大負荷はリスキーすぎたようだ。21歳のディフェンダーは半月板の損傷により金曜日には手術を受けることになり、「年内はもうプレーできない」ことが発表されている。

 同じくこの夏に加入した吉田麻也は、これまでkicker採点4.25とそこまで納得させることができておらず、それでも現在は決して外せるような状況ではない。むしろいかに即興での穴埋めを行なっていくことになるのか。候補となるのは右SBのヘニング・マトリチャーニや、MFアレックス・クラールのような緊急対応だ。

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース