2022/10/28

吉田麻也所属シャルケ、トーマス・ライス監督招聘を発表

©️IMAGO/Sven Simon

 2019年3月にドメニコ・テデスコ監督が去って以来、FCシャルケ04では8人の監督がベンチに座ってきた。そして今回はフランク・クラマー監督の後任として、トーマス・ライス監督の招聘が木曜日に発表されている。「ライス監督を迎え入れられたことを、大変に嬉しく覆っているよ」と、ペーター・クネーベル競技部門取締役はコメント。「短期的にはワールドカップ中断期間までの4試合で、できるだけ多くの勝ち点を確保していくことが大切になる」と述べており、年明けから再び始まるリーグ戦19試合での巻き返しに向けた土台作りを果たしたいところだ。「トーマスはまさに、その任務を果たすのにふさわしい人物であると確信している。」とコメント。なお契約期間は2024年6月末日まで。

 リーグ戦開幕前にも招聘を目指していたシャルケでは、その後に解任されることになるライス監督とは合意に達していたものの、一方で今季途中まで指揮をとりまだ契約を残していた、VfLボーフムとの間では移籍金をめぐって交渉が続き、最終的には30万ユーロで決着をみている。「FCシャルケ04の一員になれて、本当に幸せだよ」と語ったライス監督は、「昨季の昇格で素晴らしいサクセスストーリーを描いてみせたが、これからはブンデス残留という形でそれを継続していきたいと思う」と意気込みをみせた。「この挑戦は確かに大きなものだが、ただそれでもその大きな目標を達成するために、このチームには必要なクオリティが備わっていると確信している」

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース