2023/01/17

シャルケ、モレ売却でポルター穴埋めにフライ獲得か。

©️IMAGO/RHR-Foto

 既報通りに今夏にモンペリエから加入したフロラン・モレは、再びFCシャルケ04を後にし、再びフランスのFCナントへと加入することが明らかとなった。今夏に50万ユーロで獲得していたが、2025年まで契約を残していた31歳の売却で150万ユーロを手にすることになる模様。

 加入当初は苦しんだがW杯前までに徐々に調子を上げていたMFについて、クネーベル取締役は「半年での退団という予定はなかったが、ただナントからの問い合わせに応じることは選手側のたっての希望であった。移籍金の確保とサラリーの削減という財政面での枠組を考慮して合意した」と説明。

 この資金を利用する形で先日の合宿中に膝へ重傷を負った、セバスチャン・ポルターの穴埋めとなるセンターフォワードの獲得を模索しているようで、そこでベルギー1部ロイヤル・アントワープとの契約を2024年まで残す元スイスユース代表、ミヒャエル・フライに関心を示している模様。かつてニュルンベルクでのプレーした経験をもつ28歳の「嫌らしいプレースタイル」は、ライス監督のサッカーにフィットすると考えられているようだ。

 その一方でティム・スカルケの獲得交渉は破談に終わった。既に選手自身とは移籍で合意に達していたものの、ウニオン・ベルリンとのクラブ間交渉ではフィッシャー監督が否認権を行使したという。そのためシャルケ側はすえに別のオプションも探すため市場に目をむけているようだが、ただキッカーが得た情報では財政的にも苦しく難しい判断を迫られている模様。

ドレクスラーがコロナ感染

 そんな中でドミニク・ドレクスラーがリーグ戦再開初戦となる、アイントラハト・フランクフルト戦にて欠場する可能性がでてきた。同選手は現在コロナに感染しており、アザモア有資格部門担当によると「木曜日に復帰できるよう願っている」とのこと。

 また火曜の練習ではマルチン・カミンスキが病欠。ジモン・テロッデは負荷調整のため休養をとり、ただロドリゴ・ザラザル(中足骨骨折)とレオ・グライムル(半月板損傷)は、ライス監督就任以来初となる練習参加を果たした。

FCシャルケ04 FCシャルケ04の最新ニュース