2022/09/12

堂安律先発のフライブルクはドロー…ウニオン・ベルリンは初の首位浮上/ブンデス第6節

 ブンデスリーガ第6節の2試合が11日に各地で行われた。

 前節首位に浮上したMF堂安律が所属するフライブルクはホームでDF板倉滉の所属するボルシアMGと対戦。しかし、両GKの活躍もあり、両者得点を奪うことはできず、スコアレスドローに終わった。なお、先発出場した堂安は81分までプレー。一方、板倉は前節退場処分となったため、欠場となり、日本人対決は実現しなかった。

 MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンはアウェイでケルンと対戦。原口がベンチ外となった試合は3分にシェラルド・ベッカーのクロスがオウンゴールを誘い先制すると、このままリードを守り切り、1-0で試合終了。2試合ぶりの勝利を収めたウニオン・ベルリンは首位に浮上した。

 なお、ウニオン・ベルリンがブンデスリーガで首位に立つのはクラブ史上初。また、同リーグ史上34クラブ目に首位に立ったクラブにもなった。

 ブンデスリーガ第6節の結果は以下の通り。次節は16日から18日にかけて開催される。

■ブンデスリーガ第6節
▼9日開催
ブレーメン 0-1 アウクスブルク

▼10日開催
バイエルン 2-2 シュトゥットガルト
ライプツィヒ 3-0 ドルトムント
ホッフェンハイム 4-1 マインツ
フランクフルト 0-1 ヴォルフスブルク
ヘルタ・ベルリン 2-2 レヴァークーゼン
シャルケ 3-1 ボーフム

▼11日開催
ケルン 0-1 ウニオン・ベルリン
フライブルク 0-0 ボルシアMG

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差
1位 ウニオン・ベルリン(14/+9)
2位 フライブルク(13/+5)
3位 バイエルン(12/+14)
4位 ホッフェンハイム(12/+5)
5位 ドルトムント(12/+1)
6位 マインツ(10/-3)
7位 ケルン(9/+3)
8位 ボルシアMG(9/+2)
9位 ブレーメン(8/+1)
10位 ライプツィヒ(8/0)
11位 フランクフルト(8/-1)
12位 シャルケ(6/-5)
13位 アウクスブルク(6/-6)
14位 シュトゥットガルト(5/-1)
15位 ヘルタ・ベルリン(5/-2)
16位 ヴォルフスブルク(5/-5)
17位 レヴァークーゼン(4/-3)
18位 ボーフム(0/-14)

■第7節対戦カード
▼16日開催
マインツ vs ヘルタ・ベルリン

▼17日開催
ドルトムント vs シャルケ
レヴァークーゼン vs ブレーメン
アウクスブルク vs バイエルン
シュトゥットガルト vs フランクフルト
ボルシアMG  vs ライプツィヒ

▼18日開催
ウニオン・ベルリン vs ヴォルフスブルク
ボーフム vs ケルン
ホッフェンハイム vs フライブルク

日本人選手の最新ニュース