2022/09/22

「先発じゃないのは分かっている」MF堂安が“切り札”起用に自信「自分の好きな状況」

 23日に『キリンチャレンジカップ2022』のアメリカ代表戦を控えるなか、日本代表のMF堂安律が取材に応じた。

 今季PSVからフライブルクへと移籍し、ここまで公式戦10試合の出場で4ゴールとさっそく結果を残す堂安。自身の好調について「しっかり正しいポジショニングから正しい仕掛けができていると思いますし、変な失い方もあまりしなくなりました。少しずつですがサッカーの理解度が高まっていると思います」と分析。「PSVの後半戦から今にかけてはコンディションも上がっていると思います。それが原因で周りの使い方も上手くなってきていると思います」としつつ、今季いまだアシストがない点に関しては「そこは意識しています」と意欲を見せた。

 W杯を目前に控えるなか、代表チームの雰囲気については「緊張感が高まっているのは間違いない」とコメント。そのなかで自身は、「フライブルクでこういうプレーをし、チャンスがあれば、ピッチに立てばできる自信はあるので、それほど前より焦っていません」とし、「黙ってチャンスを待つだけですね。それほど前みたいに『試合に使えよ』という感じもないですし、使ってくれればできる自信はありますし、リラックスしています」と自信を伺わせた。

 代表では自身と同じポジションに、同じく欧州の舞台で実力を発揮する選手が揃っている状況。自身の起用法について、「自分の立場はハッキリしている。スタメンじゃないのは立場上わかっていますし、自分の好きな状況なので、得意かなと思います」と口に。続けて「監督が使ってくれればできる自信はあります。そこに迷いはないです。しっかり準備したいですね」と、“切り札”としての立ち位置にも前向きな姿勢を見せた。

 23日のアメリカ戦は21時25分(日本時間)キックオフでフジテレビ系列、27日のエクアドル戦は20時55分(日本時間)キックオフでTBS系列にて放送される。

日本人選手の最新ニュース