2022/09/26

遠藤航、中盤の新システム挑戦に好感触「ようやくオプションを持てるように…」

 日本代表は25日、『キリンチャレンジカップ2022』のエクアドル代表戦(27日)に向け、トレーニングを行った。

 遠藤航は、23日のアメリカ代表戦で守田英正とダブルボランチを組んだことについて、「特にプレッシャーを前から行く時は2ボランチの方がより迷いがない」と説明し、「もちろんモリへの信頼もあります」と守田との関係性にも言及。「ツーボランチの方がより前向きの守備を出せた感覚はあります」としながらも、「より自分の方に守備で追い込む戦術があってもいいかもしれないですし、選手の個人個人の良さをどう生かせばいいかはチームとして考えていければ」と今後の戦い方にも目を向けた。

 サイド攻撃を得意とするエクアドル代表との試合に向け、守備時の対応について問われると、「アメリカ戦もそんなに悪くない」とし、「引き続きそれ(守備の仕方の判断)を持ちつつ、(アメリカ戦の)最後(中盤)3枚のオプションも試しています。システムを変えるのもそうだし、1枚のアンカーにしてもいい。そこはようやくオプションを持てるようになってきたのかなと思います」と、戦い方の幅が広がっている実感を口にした。

 また、アメリカ戦でインパクトを残した前田大然のプレッシングについては、「彼のあれは良さだと思います」と口にし、「いかに彼がいったのに対して連動できるかは意識していました。彼が行くという判断をしたときは、どちらかというと僕らがそれに対してついていく方が、そっちの方がプレッシャーははまりやすい。前の判断でいくとなった時に連動できるかが大事だと思います」と中盤でプレーする上での意識を語った。

日本人選手の最新ニュース