2022/11/01

フランクフルト、クナウフがCL最終決戦で復帰か

©️IMAGO/Sven Simon

 チャンピオンズリーグでの生き残りをかけた最終決戦において、アイントラハト・フランクフルトで起用法に疑問符がつくのは、クリストファー・レンツが負傷離脱した左サイドバックしかない。そこで候補となるのがルカ・ペッレグリーニとアンスガー・クナウフであり、特に後者については1ヶ月前の練習中に大腿を負傷。それ以来ここまで離脱が続いていたところだ。

 一方でペッレグリーニは先日のドルトムント戦において、もっともフランクフルトで不振を極めていた選手であり、相手陣内でおかしたミスはその試合での最初のチャンスとなって、そして失点へと繋がることになるのである。今夏にユベントスより加入するもいまだチームでは浮いた感があり、時にみせる大袈裟な姿勢は主将ローデとは対照的な選手だ。

 グラスナー監督はスポルティングについて、「ストラクチャーが非常に明確で、守備時には3−4−3で対応する、なかなかチャンスが作れないチーム。失点といってもセットプレーが大半だ」と「スピード」と「質」の高さを警戒。その点でも左サイドではスピードで勝るクナウフが有望視されることだろう。攻撃力の高さもある上、守備力では責務を怠るようなこともない。

アイントラハト・フランクフルト アイントラハト・フランクフルトの最新ニュース