2022/7/09

シュトゥットガルト、ドイツU21代表SBヴァグノマンを獲得


 ブンデス2部ハンブルガーSVとVfBシュトゥットガルトは、長きに渡る交渉の末に、ヨシャ・ヴァグノマンの移籍で合意に達したことを明らかにした。「移籍がうまくいってとてもうれしいよ」と喜びをみせた同選手は、「担当者との最初の話し合いの後、ここに移籍したいという気持ちがすぐ明確になっていったんだ。シュトゥットガルトでは若い選手が成長していくため非常に良い条件を提供してくれる。新しいチームで早く地固めをし、クラブのシーズンでの成功のために自分の役割を果たしていきたい」と意気込みをみせている。
 以前よりシュトゥットガルトではドイツU21代表と移籍で合意に達していたものの、ただクラブ間交渉では移籍金に大きな隔たりがあり、最終的には基本金350万ユーロ、さらに成果に応じたボーナス80万ユーロに加えて、次回移籍時の移籍金1割が譲渡される形で合意に達した。なおヴァグノマンとの契約期間は2026年までで、さっそく土曜日にはチームメイトらとともにサマーキャンプ地へと向かっている。
 2010年にハンブルク入りし、これまでブンデス2部63試合に出場してきた右サイドバックについて、ミスリンタトSDは「ヨシャは守備的な面でも攻撃的な面でも、サイドで起用可能な選手で、この世代のドイツ人選手では注目される選手の1人」と評価。「短期的にゲームで重要な役割を果たしてくれることだろうし、また彼にはまだまだ伸び代を感じている」と言葉を続けた。「特にドイツU21代表選手が明確に、我々と共に道を歩む決意を固めてくれたことが、いかにこのクラブとの歩みが前向きに捉えられているかを示しているよ」
 

VfBシュツットガルト の最新ニュース