2022/7/16

シュトゥットガルト、ミスリンタト氏が競技部門取締役に就任か


 VfBシュトゥットガルトではこの夏、伊藤洋輝やコンスタティノス・マヴロパノスの完全移籍での獲得、ジョシュ・ヴァグノマンやフアン・ホセ・ペレアといった新戦力の獲得など、「シュトゥットガルトは購入前に売却しなければならないと言われ続けてきたが、これは我々の行動力を指し示すものだ」と、アクレサンダー・ヴェーレ取締役は胸を張った。ただそれでもサシャ・カライジッチやボルナ・ソーサ、オレル・マンガラといった主力選手たちの移籍が取り沙汰されているところであり、人事面における重要な問題はこれからも継続していく課題である。
 またスポーツディレクター職についても、シュトゥットガルトではだいぶ前から話題となっているところであり、今シーズンいっぱいをもって契約満了を迎えるスウェン・ミスリンタトSDが競技部門の取締役に就任する可能性があり、ヴェーレ氏は「外部から人材を招聘する考えはない。これは相談役会も同じ意見だ」と説明。チームの再建、首脳陣の再構築、そしてユーロ2024に向けたインフラの改善など、シュトゥットガルトでは様々な再建プランが同時進行で進められている。
 

VfBシュツットガルト の最新ニュース