2022/7/25

保釈されたカラソルにSNSから口撃、ミスリンタトSDは擁護を強調


 休暇先のイビサ下にて18歳少女に対する強姦容疑で拘束、それから6週間ほどそこで過ごすことを余儀なくされていたアタカン・カラソルだが、先日には5万ユーロの保釈金によってドイツに戻ることが許された。果たして今後、クラブではどのように扱っていくのだろうか。ミスリンタトSDは土曜の練習試合後に、「彼の立場になって考えてみてほしい」とコメント。
 とりわけSNS上では辛辣は発言が多く見受けられ、その多くが偏見に満ちたものであると指摘。「どうしてそういった方向の議論が進んでしまうのか、まったくもって理解できないよ。」と言葉を続けている。実際に現在までカラソル本人は容疑を否認しており、「まだ起訴をされていない人間なのだよ」とミスリンタトSDは強調。まずは「数日後にここにきて復帰に向けた練習を行い状況を確認する」としている。
 一方でカラソルは今後、釈放を受けた裁判所へと連絡を取ること、被害者とされる女性に書面、SNS、電話を含め接触が許されないこと、直接では500m以内に近づかないことなどを厳守する必要があり、それを違反した場合は再拘束ということに。いつまでこの状況が続くのかは不明で、「もしも告発されることになれば、その時に判断しなくてはならない」とミスリンタトSD。しかしそうでない限りはあくまで「彼はうちのれっきとした正規メンバーなのだ」
 

VfBシュツットガルト の最新ニュース