2022/7/27

シュトゥットガルト、トルコ期待の若手エメル・ベヤズをマグデブルクにレンタル


 昨夏にトルコ期待の若手選手としてベシクタシュ・イスタンブールから、VfBシュトゥットガルトにフリートランスファーで加入した、エメル・ベヤズ。あれから1年が経過し18歳となった同選手だが、これまでの出場はドイツ杯2回戦の終盤をふくめた僅か4試合にとどまっており、ミスリンタトSDによればあくまで「五ヵ年計画だった」とのこと。
 「違いを生み出す」ことを期待するのではなくじっくり育成することを期待しており、このたびはブンデス2部昇格組1.FCマグデブルクへとレンタル。「急ぐことはないよ。エメルにはレンタルで実戦経験を積ませたいと思っているんだ。これは非常に良い解決策で、マグデブルク、エメルともに全ての関係者にとってメリットが得られるものと確信している」と述べている。
 なおレンタル期間は1年で、無償、買い取りオプションは付随しない。一方でマグデブルクのショルクSDは「エメルはフレキシブルに起用可能で、オフェンスを活性化させる要素となりうる選手だ。」と期待感を示した。
 さらにシュトゥットガルトではオレル・マンガラについてもノッティンガム・フォレストへの移籍に迫っており、移籍金は基本金1300万ユーロ、成果次第では最大400万ユーロが得られる仕組みで、さらに次回移籍金の1割以上も手にするようだ。
 

VfBシュツットガルト の最新ニュース