2022/7/28

シュトゥットガルト、アタカン・カラソルは来週から練習再開


 休暇先だったイビサ島にて、18歳の女性に対する性的暴行の容疑のために公判前勾留で6週間ほど過ごしていた、VfBシュトゥットガルト所属のアタカン・カラソル。本人は一貫して犯罪行為を否定しているが、今回は5万ユーロの保釈金と厳しい条件つきで離れることが許されており、今週初めからノルトライン=ヴェストファーレン州の家族と短期間過ごした後、再びシュトゥットガルトへと戻ってきた。
 
 そこではクラブ首脳陣との話し合いと、そしてパフォーマンステストを無事に完了して、いよいよ本格復帰への扉が開かれており、マタラッツォ監督はその印象について「良い感じではある。戻ってこれてよかったよ。今週は検査を受けて、来週にはチーム練習にも復帰できるはずだ」との見通しを明かしている。復帰についてはすでにミスリンタトSDが「まだ起訴もされていないのだから。もしそうなればその時はまた考えなくてはならないが、そうじゃない限りはうちに所属する選手なのだよ」と説明。
 さらにSNSを中心に同選手に対する厳しい声に対して苦言を呈しているが、実際に復帰した場合に敵対するような雰囲気ができることへの不安感は拭いされないところだろう。指揮官は「今はまだそこまでは。ここ数週間は全然練習できていなかったし復調しているわけではない。オプションとなるには数週間は必要だろう。その時に判断する」と強調。まずは25歳のMFとしては準備を進めていくこととなり、「何か準備の必要性を感じるならば、それを講じるまでだ」と言葉を続けた。

VfBシュツットガルト の最新ニュース