2022/08/26

クリスチャン・ゲントナー、今季限りで引退の可能性を示唆

©︎picture alliance/KEYSTONE

 クリスチャン・ゲントナーはFCルツェルンでの今シーズンいっぱいでの戦いをもって、そのキャリアに終止符を打つ事になる可能性がある。2021年からスイス1部に戦いの舞台を移している37歳のMFは、『Sportradio Deutschland』とのインタビューにて「来シーズンも、サッカーを続けている可能性はむしろ低い」と、現役引退の可能性を示唆。今年の夏に契約を1年延長していたが、これがプロ選手として最後の契約を意味するかもしれないのだ。

 ただドイツ代表として5試合の出場経験をもつベテランは、あくまでパフォーマンスをはかるというサッカーの本質に忠実でありたいとも考えており、「残留ということもよく想像できるものではあるよ」と強調。「でも今年の5月まで18ヶ月間にわたり、ドイツサッカー連盟やドイツサッカーリーグ機構が運営する、サッカー界におけるリーダーに関するコースを受ける事ができた。それは興味深い分野へ、多くの洞察の機会を与えてくれるものだったよ」

 そして今も引き続き、ブンデスリーガを細かにチェックしているところであり、例えば古巣シュトゥットガルトのブンデス残留を「絶対に確信している」ほか、タイトル争いではバイエルンが他の追随を許さないだろうと予想。「バイエルンは非常にハングリーで、読みにくくなっているし、かなり生き生きとしている。接戦を見込むには相当の想像力が求められるよ。レヴァンドフスキが移籍しても、むしろ更に強くなっている印象だ」と評した。「でもまだシーズンははじまったばかりだけどね」

インターナショナル インターナショナルの最新ニュース