2022/09/16

遠藤航の劇的弾後の混乱で、シュトゥットガルトが1万5000ユーロの罰金

©️IMAGO/Hartenfelser

 VfBシュトゥットガルトは昨シーズンの最終節に、主将の遠藤航による劇的な決勝弾でブンデスリーガ残留を確定させた直後、会場のサポーターたちがピッチに乱入したことについて、ドイツサッカー連盟より1万5000ユーロの罰金が命じられ、それに意義を申し立てたが、木曜には却下されたことが明らかとなった。

 すでに7月18日に下されていたドイツ差カー連盟スポーツ裁判所の判断を、今回はドイツサッカー連盟連邦裁判所が支持した格好であり、「いかに平和的に乱入したとしても、それがスポーツマンシップに反する行為であることには変わりない。ピッチを荒らすいかなる形態も、人々に危険をもたらす可能性がある」と説明している。

VfBシュツットガルト VfBシュツットガルトの最新ニュース